エミリィとは

物語の核心

この物語における重要なキーマンとして登場するのが、何を隠そう『エミリィ』という2つの存在だ。1つはセーラがリーズナーとして再び歩き出せるきっかけとなったミミック、そしてもう1つがラルフとともに行動しているエミリィという少女。同一の名前が名付けられていますが、そもそも彼女たちには名前など存在していなかったのです。それをセーラ、彼女が付けたエミリィという名称こそが2人の存在を確固たるものへと定義する事となる。そして2人は同時にそれぞれのパートナーを得ることとなる、人形であるエミリィはセーラを、そして普通の少女のような姿をしているエミリィはラルフ、両者を糧としていた。

だが戦闘が激化する上でエミリィはラルフではなくセーラと共にいること、ラルフを止めるためにセーラと共に戦う道を選ぶ。気になっているのが、彼女たちは一体何者なのかという話だ。同名である時点でもそうだが、エミリィとセーラが共に顔を合わせた時に言った言葉、自分たちに名前をつけてくれた恩人でありすでに自分で動くことの出来ないエミリィを助けたこともラルフの側にいたエミリィは全てを知っていた。

彼女たち、エミリィと呼ばれる存在はこことは違う場所からやってきた異星人であり、そして彼女たちの特異な能力を利用してある実験と技術開発をなしえようとしていたという過去が明らかになる。

お気に入りの作品

紫外線対策してますか?アクセーヌ日焼け止め,化粧品,コスメカウンセリングなら|ピエール。当店で販売しているサンシールドやフェースカラー、保湿ジェルでアクセーヌの効果をぜひお試し下さい。

全ての始まり、未知なる技術との邂逅

事の発端となったのは600年前、ミミックであるエミリィが作られた当時にまで遡る。ある時ユニオン側に未知なる艦が不時着した。そこには人類の技術以上に精度の高い技術、さらに館内には同じ顔と体をした異星人たちが乗船していたのです。それこそエミリィと呼ばれる存在だ、ユニオンは希少なサンプルを手に入れたとして秘密裏に保護、実験が行われる。その実験で判明した事実は、彼女たちが五感の一部を共有していることだったのです。

そのため、実験で1人の同胞が引き裂かれればその痛みを共有してしまい、耐え難い苦痛を受けることとなるが、特筆した点はそこではなかった。その痛みを感じるのがタイムラグがなかった点だ。この理論が解明されれば様々な技術開発にこぎつけると当時の技術者たちは考えついたのです。その1つが、タイムラグ無し通信を行える即時通信技術だ。この点は現代の通信技術でもどうしたら解消できるかと日々研究がされているテーマとなっています。日本国内ではありませんが、日本を飛び越えてアメリカなどの海外でテレビ電話などを行うとその音声が届くまでにわずかな誤差が生じてしまいます。

エミリィ達異星人の共有能力は技術者にとってはどのような仕組みになっているのかと解明することに躍起する。やがて彼女たちの大半、のちにラルフが保護することになるエミリィ以外を除いてその体をバラバラに引き裂かれるような実験材料として扱われてしまった。ミミックとして起動するエミリィは、その中の1人であり、生きたまま脳髄を解体された生き残りでもあったのです。姿形こそ失えど一人でも姿を持っていればそれが生きていることになるのです。エミリィはそんな身体を無くしながらもセーラと共に過ごすエミリィと常に繋がっている状態だった。だからこそ、自分同然の存在を助けてくれたセーラに対して絶対的な信頼を寄せ、そしてラルフではなくセーラを選ぶ事になる。

今、あの作品が熱い!

ただ単に『古い家を売る』という発想ではなく、その買主様のニーズに合わせて企画して販売すれば、『より早く、またより高く売る』ことが可能です。京都の不動産は吟優舎の不動産サービスにおまかせください!

技術発展という犠牲の果て

アニメだったのでそこまでどぎつい描写は存在しなかったが、どのような実験を行っていたかは揶揄されていた。その果てに待っていたのは彼女たちだった存在が全て解体され、ほぼ生きたままの状態で冷たい試験管の中で生き地獄を味わわされるのだった。こうした事実をセーラは実験による動機で知り、リベルタッドの幹部たちもその事実を聞かされて愕然とする。

しかしそこで1つの疑問が生まれるのです、異星人達が訪れたのは600年前となっているがセーラたちのいる時間軸でもいまだ即時通信技術、それも恒星間同士という大きな技術開発が成し得ていないため、何が起きたのかという疑問が生まれます。そしてそのことについてもセーラは静かに語り始まる、そしてそこから語られる事実はリーズナーとして登場する機体でもあるストレインの秘密へと繋がっていくのだった。

アニメ『奏光のストレイン』非公式ファンサイト

アニメを楽しむ貴方へ//