ストレインの存在

エミリィたちの研究を進めるために

600年前のユニオンたちが遭遇した異星人、当時はUK(UnKnown)と名付けられた存在をあらゆる実験のためにその骨身すら一変すら残すことなく消費するように利用し続けた。しかし元々UKたちと遭遇した場所は研究機関としての設備に乏しく、きちんとしたところでの研究が望ましいと判断された。その目的地こそ、グラベラとなっている。滞り無く、亜光速飛行の中を順調に航行していましたが、その時実験体だったUK達たちから未知なるエネルギー波が発生する。それはUKたちが亜光速の中で発信する同胞たちへの救難信号でもあった。そのエネルギー波を感知したエミリィたちを救出するために異星人からは彼女たちを乗せた船を攻撃する。

この時、人類には亜光速飛行中に耐えられる機体をまだ開発できておらず、またほぼ戦力が備わっていない戦艦だったために為すすべく轟沈してしまうかと思われた。しかしこの時に艦からとある物資が救難信号代わりに放たれる。それはUKたちの研究結果による分析結果を搭載したデータがそこには格納されていた。貴重な実験データを放った艦だったが、このデータは後にユニオン側にきちんとした形で伝播され、そのデータをサンプルとしてある物が開発されたのです。それこそ、今作でのロボットとなる『ストレイン』が開発されることになるのです。そしてこのストレインが開発された経緯とその目的も同時に明らかとなる。

お気に入りの作品

http://pierre.jp.net/のアクセーヌはアレルギーの原因であるアレルゲン(かぶれの原因物質)を追求し、それを日常生活から取り除き、再発を防ぐという理論によって確立された治療補助システム「Allergen Control System=皮膚炎再発防止機構)」を意味します。

ストレインとは

そもそもストレインと呼ばれる機体はどのようなものなのかというと、亜光速の中でも戦闘に耐えられるだけの機動兵器として開発された。しかし物理的な問題、亜光速時における有人の戦闘起動は不可能とされていたが、それを可能としているのがミミックと呼ばれるものだ。ミミックとはリーズナー、パイロットが受精卵の時に同一胚から分割・培養された双子の脳が収められたものとなっており、リーズナーの片割れとも言えるものとなっている。このミミックはリーズナー自身の受精卵から作られているため、一度破損してしまうと交換や修理などを行うことができなくなってしまい、リーズナーとしての道が絶たれてしまうのです。セーラは自身のミミックを失ったがために、ギャンビー乗りを目指したのもこうした理由があったからです。

このミミックがあれば、ストレインの戦闘時にリーズナー自身の思考を即時に伝達することが可能で、機体を自由自在に動かせるだけの機動力を確保できるようになった。こうした技術も、UK達による実験成果となっている。しかしユニオンにすればストレインとはディーグ達に対する兵器としての運用ではなく、UK達による異星人に対向するための反攻兵器という理念が込められていたのです。それを知っているのも軍上層部となっており、実験を行っていた艦が救援のために放ったデータによって技術を遥か進化させることに成功した。それと同時に、貴重なサンプルを乗せた艦を救助するために、ある軍人を最前線の亜光速の彼方へと派遣する。それこそ、ラルフ・ウィーレックその人だった。

何も知らされないまま

ウィーレック家の盟主でもあったラルフには真実は伝えられていなかった、事実を知れば間違いなく命令違反を犯すという危険があったと見て取れる。命令された亜光速の彼方、まさに襲撃にあっている艦を助けるためにラルフはユニオンで開発されたストレインの上位モデルでもあるグロワールを駆り、敵を撃墜していく。この時の彼は、敵がディーグだと信じて疑わなかった。しかし最後の一気を落とした際、コクピットから出てきたのはUKだった。

そこで辿り着いたのです、自分が殺していたのはディーグではない、異星人を倒していたという事実に。瀕死のUKから真実を聞くと、彼女が最後に託した願いは同胞を助けて欲しいという願いだった。その際、時間軸に関係のない空間跳躍を使用してセーラ達の時間へ帰還することになったが、その際ラルフには彼女たちUKたちがどのような目に合わされていたのか、その全てを事実と感情が暴力のように彼を蝕んでいった。この瞬間、ラルフ・ウィーレックはただ復讐のために動き出す事となるのです。

今、あの作品が熱い!

エミリィとミミック

ストレインを動かすために起動するミミックはUK、つまりエミリィたちの能力を元にして開発されたものとなっている。そしてその初期モデルこそ、セーラが所持している人形型のミミックだと考察することも出来る。そこまでの内容は紐解かれていないが、600年前にそうした技術を用いて即時伝達するための技術が開発されていたため、恒星間即時通信の実現もあと一歩のところまで進められていたということになる。ユニオンにすればUKたちの実験を秘密裏に行い、ディーグを倒すためにと研究が行われていたがそれもラルフによって阻止されている。

エミリィたちUKの到来、そして彼女たちを解剖した結果により誕生したストレインとミミックによる技術、こうしてみると全ては一本の軸として原因から過程を経て今へと至る道に繋がっていくのです。

アニメ『奏光のストレイン』非公式ファンサイト

アニメを楽しむ貴方へ//効果の高いランディングページを作りたい方へ。ランディングページ 弊社は「お客様が、なぜ選んでくれるのか?」を明確にし、その強みを訴求したページ作りしてまいります。